ウルウの副作用と安全安心な使い方

赤ら顔が手軽に始められるウルウ。

バリア機能が低下しているため、敏感な状態に揺らぎやすい赤ら顔さんに嬉しい「無添加処方」が嬉しいですよね。

それでも「本当に副作用やトラブルはないの?」と心配される方もいるハズ。

それはそうですよね、だって肌に直接つけるものだもん。

赤ら顔さんは今までいろいろな「肌に優しい」「肌質改善」を掲げた化粧品を試して、合わなくて…を繰り返した、いわゆる「化粧品ジプシー」の方も多いんです。

慎重になるのも当然です。

では、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)はどうなのでしょう?

◆肌に近い成分でできている◆

ウルウの成分はヒト型セラミドや皮脂に近く、古くから愛用されているホホバ油、皮脂膜の成分に近いといわれているスクワランなど、肌にもともとある成分に近いものが多いんです。

さらに無添加だから、トラブルを起こしやすい乳化剤、界面活性剤、香料 など、一切使っていません。

つまり、もともと肌にあるものだけどなんらかの理由で不足してしまっている成分をウルウで補ってあげるイメージ。

優しく肌を改善する処方だからお薬のような「副作用」といった反応は起きにくいということなんです。

成分自体が安全安心だから、今まで他の化粧品がダメだったという方もトライする価値あり、です。

◆無添加だからこそ◆

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の魅力の一つである「無添加」処方ですが、無添加だからこそ気をつけなければいけない点もあります。

ウルウには防腐剤が入っていません。

つまり、他の化粧品に比べて使用期限が短いんです。

◆2ヶ月以内に使い切り。◆

これを過ぎてしまったものはトラブルを避けるため使用を控えましょう。

また、保管についても高温や低温、多湿な場所での保管、これも避けましょう。

生鮮食品に近いイメージですよね。

化粧品の添加物は品質を安定させるために加えているということもあるので、すべてが悪者!というわけではないのですが、赤ら顔さんのような敏感な状態に傾いている肌には刺激となってしまうことがあるため、ウルウは思い切って無添加処方にしています。

◆まとめ◆

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は処方上、「副作用」はおきにくい、肌にもともとある成分を多く使用した化粧品です。

さらに無添加処方。刺激を極力抑えた形で、穏やかに肌に働きかけてくれます。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

ただし、無添加だからこそ使用期限や保管方法などは少し気にしてあげる必要があります。

使用方法さえ押さえておけばウルウ(ULUシェイクモイストミルク)で安全安心なスキンケアが可能です。

参考になれば幸いです。

ウルウ公式サイト↓

us