uluシェイクモイストミルクが赤ら顔ケアに効果はなぜ?

赤ら顔に悩んでる方の間で、uluシェイクモイストミルク(ウルウ)が注目を集めています。

使うことで顔の赤みを抑えて化粧のノリを良くしてくれたり、毛穴ケアにも効果があるとも言われますが、一体なぜでしょう?

含有成分などの製品特徴から、その理由を見てみましょう。

*赤ら顔は血管が透けて見えている状態

そもそも赤ら顔とは肌の表皮が薄くなってしまい、下にある毛細血管の色が透けて見えます。

血管は体中に存在しますが、顔は特に集まっている場所なので赤くなりやすいんです。

また表皮が薄いということは、外からの刺激を受けやすくなってもいます。

ダメージを受けやすい肌になっていることに加え、毛細血管も刺激を受けることで拡張、さらに赤みが増すという悪循環を引き起こすこともあるんです。

*スキンケアのつもりが肌を傷めている?

ではなぜ表皮が薄くなってしまうのでしょう?

原因は普段のお手入れにあります。

例えば洗顔中、手に力を入れてゴシゴシを顔を擦ってはいませんか?

スキンケアを塗る時も、指を強く押し付けたりマッサージをしすぎていると、表皮は薄くなっていきます。

加えて赤ら顔はダメージを受けやすい分、肌荒れを呼び起こしやすい状態ですが、肌荒れからさらに濃い赤みを生み出す可能性もあります。

もとから平均より薄い皮膚を持っている方もいますが、肌のメンテナンスをしているつもりで赤ら顔を生み出してしまっているケースも多いんです。

*セラミドの補給で肌を強化

赤ら顔を治すには肌を強化することが必要となりますが、そのために役立つのがセラミドです。

赤ら顔でない正常な肌であれば、セラミドがたくさん存在し、肌の細胞をしっかり固めてバリア機能を高めてくれます。

しかしセラミドは年齢を経る、あるいは上述の間違ったスキンケアによって簡単に失われてしまうため、定期的な補充が欠かせません。

そこでuluシェイクモイストミルク(ウルウ)の出番です。

肌に多いセラミド2を始め、年を経ることで減りやすいセラミド3やセラミド6 ⅱと複数種類を含んでおり、どのセラミドが不足していても補いやすい作りになっています。

*余計な添加物も入っていない

セラミドを含むスキンケアはほかにもありますが、uluシェイクモイストミルクなら防腐剤や着色料などの添加物が含まれていないメリットもあります。

赤ら顔の場合、ダメージの受けやすさから敏感肌になっている方もいます。

ケアをしているのに改善しないのは、添加物によってダメージを受けている可能性が高いです。

肌の早い回復を望むなら、スキンケアに不要な成分が含まれていないかもチェックしましょう。

*まとめ

uluシェイクモイストミルク(ウルウ)はミルクと名がつきますが、乳液ではなくオールインワンに属します。

忙しい時でも、これだけ塗ればセラミドを肌に届けられますし、不要物を肌に与えることもありません。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

赤ら顔がなかなか改善しないなら、1度試してみてはいかがでしょう?

ウルウ公式サイト↓

Hs