腸活で顔赤みや体がすぐに暑い感じになるのも予防できる?

顔の赤みや体がすぐにほてるような暑くなる感じに悩んでいる方はどうしたら治るのか分からない方が多いと思います。

顔の赤みがある赤ら顔は、毛細血管拡張症と呼ばれています。

顔の皮膚は他の場所に比べ薄く、毛細血管が透ける為、赤く見えてしまうのです。

血管が拡張してその部分に血液が多く流れてしまいます。

自律神経のバランスが崩れると、顔の赤みが治らない状態が続いてしまいます。

毛細血管の活動を正常に働くようにしなければなりません。

その方法をいくつかご紹介します。

赤ら顔に効果的な乳酸菌を毎日摂り続ける事です。

乳酸菌抽出物LFKという乳酸菌は特に効果があります。

腸内環境を整えると健康にも良いので摂り続けてみて下さい。

香辛料などの刺激物のある物は血流を悪くしてしまうので、控えるようにしましょう。

また、アルコールは血管を拡張させてしまうので更に赤くなってしまいます。

控えめにしましょう。

顔を洗い過ぎる事も刺激となり赤くなるので、泡をよく立てて、優しく洗いましょう。

水分補給もこまめに行う事も大事です。

血液は栄養や酸素を運ぶ大事な働きをしますので、水分不足で血液がドロドロにならないように気を付けましょう。

食事の時によく噛むようにすることも大事です。

消化、吸収が良くなり、血流の流れが良くなります。

これらの方法でお試ししてみて下さい。

毎日の生活習慣を見直すだけでも改善される事があります。
体すぐに暑くなるのも自律神経が乱れている可能性があります。

これも腸内を鍛える事で防ぐ事ができます。

ホットフラッシュといって、更年期に現れる症状の1つです。

更年期はホルモンバランスが崩れやすくなり、自律神経が乱れてしまうのです。

乳酸菌を摂る事をおすすめします。

私がいいなと思う乳酸菌サプリがあります。

カルグルト」です。

こちらは、先ほど紹介したLFK乳酸菌が配合されているのです。

健康な赤ちゃん由来の乳酸菌で、種類と質にこだわった5種類の乳酸菌が含まれています。

1日1包でLFK乳酸菌、ガゼリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌、ビースリーラクリス-Sが摂れるのです。

十二指腸、小腸、大腸の全体にしっかりと届ける事ができます。

ヨーグルトやサプリメントと違って、乾燥した顆粒状で1包ずつ個包装されているので衛生面で安心、安全です。

牛乳やヨーグルト、ジュースに混ぜても良いです。

腸内環境を整えると免疫力もアップするのでいい事だらけです。

是非3ヶ月は続けてみて下さい。

ヨーグルトを毎日食べるのは難しいと思いますが、カルグルトなら簡単に摂る事ができますよ

カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果

us