酒さ様皮膚炎って何?薬の副作用で赤ら顔になるの?どうすればいい?

酒さ様皮膚炎という名前を聞いたことがありますか?

それは「しゅさようひふえん」といい、酒さという症状が顔に現れることが特徴です。

酒さ様皮膚炎とは、ステロイド外用薬の副作用で顔にできるものを指します。

多くの場合、ステロイド外用薬を中止することで改善が期待できますが、顔に症状が出ることから、とても辛いですよね。

酒さは、炎症性かつ進行性の慢性疾患で、小さな吹き出物や顔面の毛細血管の拡張などといった症状が引き起こすと言われています。

症状ですが、初期は発疹や日焼け、アレルギーに似ており治療が必要と気づかない場合が多いようです。

酒さの主な症状は、顔面中央部の膨らんだ部分に紅斑(こうはん)が生じることが多く、また浮腫も酒さの特徴の1つです。

丘疹は頬や唇紅周りにできることがあり、幅の狭い帯状紅斑がみられることもあります。

酒さ様皮膚炎は、ストロイド酒さとも呼ばれ、顔に長期的にステロイドを塗り続けることで起こる副作用と言われています。

酒さ様皮膚炎はステロイドの副作用の中でも患者が大変と言われています。

顔面は強いステロイドは塗らないこと、必要最低限の処方にして定期的に医師の診察を受けるなどの注意が必要です。

では、酒さ様皮膚炎の具体的に治療法です。

まずステロイド外用薬の中止です。

しかし勝手に中止しないでください。

医師の指導のもと、少しずつ量を減らして弱いものに変えていくことがこつです。

リバウンドができるだけ起こらないように細心の注意が必要です。

医師の指示に従ってくださいね。

酒さ様皮膚炎の治療には、塩酸ミノサイクリンやロキシスロマイシンなどの内服で離脱を図り、メトロニダゾール外用やアゼライン酸外用の併用も有効だそうです。

日常生活では、刺激を避けること・石鹸での洗顔をしないこと・化粧品に注意することが大切です。

刺激とは、肌に直接的なこともですが、刺激が強い食べ物や飲酒を控えることも大切になります。

日焼け対策もきちんとしてください。

酒さ様皮膚炎の症状が現れたときは、皮膚科を受診してください。

ステロイド外用薬の中止で治ると考えられていますが、アトピー性皮膚炎との合併症の場合など症状の悪化も考えられますので、自分の判断で使用を中止するのではなく医師の診断のもと対処することが必須です。

us