顔が赤くほてるのもカルグルトで改善

顔が赤くほてるやすいという悩みをお持ちの方いませんか?

私は、子供の頃から20代前半くらいまで、冬場、寒い外から暖かい室内に入ると顔が赤くなりました。

職場で「具合悪いの?顔、赤いけど熱あるの?」と心配されたことも度々ありました。

大人になってからは「大丈夫です。温かい部屋に入ると赤くなるので。」と言うと、周りも安心してくれましたが、子供の頃は自分でも体調不良なのか、理由がわからないので親や周りの大人は心配していたかもしれません。

さて、運動をした時や温度座で顔が赤くなりやすいのは、色白で肌が薄くて弱い方に現れるようです。

考えてみると、子供の頃は日焼けしていましたので色白という面は当てはまりませんが肌は弱かったのかもしれません。

学生の時は、部活やアルバイトで外での行動が多く、このようなことは減りましたが、就職してから、また子供の頃のような悩みが再び起こったので、肌が弱いという部分は当てはまると思います。

出産で退職してから今は、そのようなことはありません。

生活が変わり、肌が強くなったのかもしれません。

さて、このような顔が赤くほてることの改善策として、できることは肌のバリア機能を元気にすることです。

基本的には、規則正しい食生活です。

その中でも、ビタミンHという水溶性のビタミンを積極的に摂るようにしてください。

具体的には、レバーやイワシ、落花生や卵黄に多く含まれています。

また腸内環境の改善も必要です。

野菜やオリゴ糖を含む食材、そして乳酸菌を含む発酵食品をバランスよく摂ることも大切です。

しかし、意識してこのようなものを食べても、なかなか改善できないかもしれません。

これまでの食生活が乱れていた方でしたら、食生活の改善でよくなるかもしれませんが、それまでもバランスの良い食事をしていた方でしたら、「体質」も関係していると思うので、改善には時間がかかるかもしれません。

そこで、「カルグルト」をオススメします。

カルグルトは、赤ら顔に効果があります。

カルグルトで、ツルツルなめらかな毎日へと導いてくれます。

カルグルトを試された方の約72%もの方が大満足との回答もあります。

カルグルトの主な成分は、乳酸菌抽出物LFKで、熱くなって顔が火照りやすい方や、赤みの多い顔や、ピリピリの肌荒れ、ブツブツにも効果があると好評です。

体の中からのケアで、肌を元気に、顔が赤くなることの悩みを解消していきましょう。