カルグルトは紫外線アレルギーのケアにも飲んで良い?

紫外線アレルギーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは強い紫外線を浴びることにより湿疹・痒み・腫れなどが突然症状として表れます。

アレルギーという意識がないまま生活してしまうと、外で活動する時間が長いほど重症化してしまうことが考えられます。

今回は紫外線アレルギーについて、その原因や対策などをご紹介します。

−紫外線アレルギーの原因とは−

夏場だけでなく1年中紫外線対策をする方が増えていますが、アレルギーの面からみるととても良い習慣といえます。

個人差はありますが紫外線は一定量を超えて浴びると、体を守るために免疫機能が働き抗体を作り出します。

そうなると少しの紫外線でも体が反応し、アレルギー症状が表れてしまいます。

特に露出している顔や手の甲などに発疹が出る、目に痒みがあるなどさまざまな場合があり、これは花粉症の始まりと似ていてある日突然発現する可能性があるのです。

さらに普段使用している日焼け止めや化粧品が紫外線を吸収して、アレルギー反応を起こす場合もあるので毎日丁寧な洗顔やケアを心がけましょう。

−紫外線アレルギーの対策−

日ごろから紫外線を直接浴びないように、日焼け止めやサングラスなどを使用することが大切です。
bousisangurasu

たとえ曇りや雨の日でも肌への負担が少ないSPF20〜30程度の日焼け止めを塗るようにすれば、紫外線の蓄積を抑制することができますよ。

そしてアレルギー症状がでてしまったときは、まず屋内へ移動しましょう。

窓際や入り口付近は必ず避けて、水道の水などで患部を冷やしてみてください。

それから濡らしたハンカチなどで首周りや脇なども同じように冷やして、体を落ち着けて様子を見るようにしてくださいね。

また症状が重いときは病院でしっかりと診断してもらうようにしましょう。

アレルギーは命を落とす危険がありますので、自己判断だけで決めないことが大切ですよ。

−症状改善にお薬を使いたくないという方に−

外出のときやそのあとに肌がぴりぴりして痛みを感じたり、赤みを帯びて状態が悪いときには乳酸菌サプリメントの「カルグルト」がおすすめです。

5種類の乳酸菌が腸まで届いてこういった症状を鎮めてくれる効果が期待できます。

乳酸菌を摂るためにヨーグルトを食べ続けるよりも、カルグルトは顆粒なのでドリンクなどに混ぜ溶かして毎日手軽に続けられます。

そして注目の乳酸菌である”乳酸菌抽出物LFK”は、11個にも及ぶ特許を取得していて期待が高い成分でもあります。

カルグルトなら自宅でも、外出先でもさっと溶かして食べられるので紫外線アレルギーや赤ら顔や肌トラブルに悩んでいる方に試していただきたいですね。

辛い症状の改善を目指して、手軽で安心の乳酸菌サプリのカルグルトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

口コミでも人気ですよ。
カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果

us