カルグルトはニキビやニキビ痕の赤みケアにも良い?

最近腸内環境が気になる、おなかのハリが気になるという方、ニキビやニキビ痕がありませんか?

普段私たちの食生活を支えてくれている腸は第2の脳とも言われるように、腸の調子があなたの体の調子を決めるとされています。

そのため腸内環境を整えることは毎日健康的な生活を送るためにも重要なのですが、では、腸内環境とニキビ・ニキビ痕はどのような関係があるのでしょうか?

ここでは腸内環境とニキビ・ニキビ痕の関係とカルグルトの効果についてお話しします。

〈腸内環境とニキビ・ニキビ痕の関係〉

普段肉やジャンクフードを多く摂取すると肌が荒れるといいますが、それはなぜなのでしょうか?

肉やジャンクフードを大量に摂取することと肌が荒れることは腸内環境の変化で説明できます。

腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、この悪玉菌の大好物はたんぱく質や脂肪を多く含む食品です。

そのため肉やジャンクフードといったたんぱく質や脂肪を多く含む食事を多くとると、悪玉菌の活動が活発になり、腸内細菌のバランスが取れなくなります。。

そして野菜のような食物繊維を含む食品を取らないことによって善玉菌が活動できなくなり、大便の排出がうまくできなくなるのです。

大便が上手く排出できなくなると、余分な油分など体に不必要なものはどうなるのでしょうか?

この場合、皮膚から皮脂として排出されるのです。

この大量に分泌された皮脂がニキビの原因となり、ニキビをつぶしてしまうことによってニキビ痕ができるのです。

ちなみに善玉菌の大好物は食物繊維をたくさん含む野菜や海藻、穀物です。

バランスの良い食事をとることによって腸内環境が正常に保たれ、ニキビができにくくなるのです。

〈カルグルトの効果〉

先ほども説明しましたが、腸内環境が悪くなることでニキビができたり肌が乾燥したりします。

この腸内環境を整えてくれるのがカルグルトです。

カルグルトには5種類の良質な乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は腸内環境を整えて大便を正常に排出してくれることで知られています。

体から不要なものが正常に排出されることによって皮脂の過剰分泌が抑えられ、ニキビができにくくなります。

そして皮脂の過剰分泌も肌の乾燥と関係があるので、皮脂の過剰分泌が抑えられると肌も乾燥しにくくなります。

〈まとめ〉

1日1本好きな時に取るだけで乳酸菌を摂取することができるカルグルト。

ジュースや無添加ヨーグルトというような飲み物、食べ物にも混ぜて使うことができるので飲みにくさはとほとんど感じないとされています。

最近不規則な生活をしている、食生活の乱れで肌が荒れてきたというそこのあなた。

これを機会にカルグルトを試されてはいかがでしょうか?

u