寒暖差で赤ら顔になるのは改善できる?

寒い外から温かい室内に入ったときに顔が真っ赤になってしまう、という悩みを抱えている人はけっこういるものです。

顔が赤くなってしまうのは毛細血管が拡張するからです。

寒いときに収縮していた血管が、急に暖かくなることで元の状態に戻ろうと拡張するために、顔が赤くなってしまうのです。

しかし、それが理由ならすべての人の顔が真っ赤になってもおかしくありません。

それなのに一部の人だけが赤くなってしまうのは、どうしてでしょうか?

このような寒暖差によって赤ら顔になるかならないかは、角質層の厚みや肌の機能の働きの違いに決め手があります。

角質層に一定の厚みがあって肌機能が正常に働いている健やかな状態にあれば、毛細血管の拡張による赤色が肌表面に透けて見えることはありません。

さらに詳しく言うと、肌の機能として水分を角質表面まで引き上げる力というものがあるのですが、正常に働いていないとその力が低下してしまいます。

角質層に引き上げた水分で皮膚の上がった温度を抑えますので、その力が低下していると皮膚温度を沈静させることができずに顔に赤みが出てしまうのです。

このようなことから、肌が弱かったり敏感肌の方は寒暖差によって赤ら顔になりやすいと言えるのです。

応急処置としては、寒いところから温かい所に移る際は手のひらで頬を包んで先に少し温めておくと寒暖差が緩和されて赤みを少し抑えることができますので、試してみてください。

また、マフラーなどで冷え過ぎないように防寒対策をしたり、マスクを利用するのもいいですよ。

そして、赤ら顔を根本的に改善したいと考えるのであれば、敏感肌を改善して健やかな肌を目指すことがポイントとなります。

保湿効果の高いスキンケア商品でしっかりと保湿ケアすることも健やかな肌につながりますが、サプリメントなどによって体の内側からの働きかけも有効です。

肌によいサプリメントは色々とありますが、赤ら顔改善にもおすすめなサプリメントと言えば「カルグルト」です。

カルグルトは乳酸菌サプリで、腸内環境の改善とともに赤ら顔の原因である代謝の悪さの改善もしっかりとサポートしてくれます。

乳酸菌抽出物(FK23菌抽出物)が配合されていますので、これが赤ら顔改善に働きかけてくれます。

赤ら顔は体質だからとあきらめていた人もカルグルトによってケアできて、口コミでも評判になっています。
カルグルトの口コミと赤ら顔肌荒れ改善効果

温度差で顔が赤くなって恥ずかしかったり、赤ら顔(酒さ)に悩んでいる方は、ぜひカルグルトをお試しください。

腸内環境を整えてくれますので健康にもよいですし、肌を健やかな状態に導き、美肌効果も実感できます。