顔が赤くほてる!解消するコツは?

温度差や運動をしたときなど、顔が赤くほてることありませんか?

私自身、昔、温度差で顔が真っ赤になることがよくありました。

職場では、熱があるの?と心配されたり、お酒の席では1口も飲んでいないのに、酔った?と聞かれることもしばしばありました。

今では、すっかりそのようなことはなくなりましたが、あれは一体なんだったのか調べてみると、肌が赤くなりやすいのは、色白で肌が薄くて弱い場合にそうなりやすいということがわかりました。

では改善方法はないのか調べてみましたので紹介しますね。

やはり規則正しい生活を送ることが大切です。

食べ物では、ビオチンという水溶性ビタミンを摂ると良いようです。

具体的には、レバー、いわし、落花生、卵黄などです。

また腸内環境を整えることも大切です。

腸内環境を整えるためには、野菜やオリゴ糖を含むもの、そして乳酸菌などをバランスよく摂り便秘にならないように気を付けると良いですよ。

食べ物で改善させることは身体の中からの改善で時間がかかるかもしれません。

とりあえず一時的に赤みを取りたい時は、例えば暑くて顔が赤くなった時は、水で濡らしたタオルを顔にあてたり、ローションを多めにスプレーするのも効果的です。

この時に使うローションは無添加のものを選ぶようにしてくださいね。

合成界面活性剤や合成ポリマーが入っているものを使うと、肌荒れを招いてしまうかもしれないからです。

肌バリア機能を回復させて、肌を元気にすることで、顔が赤くなることを改善できるとも言われています。

そこで『みんなの肌潤糖』という砂糖スクラブがオススメです。

保湿機能が高く、肌のバリア機能を回復できるスクラブで、無添加なので肌にも優しく作られています。

洗顔時に使うという方法の他に、水に溶かしてローション状にしたものを昼間スプレーして使うという方法もあるので、家でも外出先でも使えて便利です。

みんなの肌潤糖は、アトピーの改善にも効果を発揮してくれますよ。
公式サイト↓
保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

もう1つオススメは『カルグルト』という乳酸菌サプリです。

カルグルトは、赤ら顔に効果があると特許取得されているサプリメントです。

赤ら顔にも、腸内環境の改善で便秘解消にも効果的なので、健康のためにも良さそうです。

顔が真っ赤になることを改善されたい方、毎日の生活とスキンケアとサプリメント等、生活スタイルに合うものを取り入れて改善すると良いですね。