部屋が暑くても赤い顔にならないコツを教えて!

同じ部屋にいるのに顔色が全然変わらない方もいれば、赤い顔になってしまう方もいますよね。

自分だけ顔が赤くなっていると思うと恥ずかしくなって余計に赤くなってしまいますよね。

いわゆる赤ら顔の症状だと思います。

赤ら顔になりやすい人の特徴は、乾燥肌や敏感肌の方です。

顔の表皮が薄く、毛細血管の赤色が表面に出やすいのです。

皮膚自体が薄いからです。

私自身もすぐに赤ら顔になってしまうので悩んでいました。

確かに、エステや化粧品のカウンセリングの時に皮膚が薄いですねと言われる事が多かったです。
私はずっと血行が良いから赤ら顔になってしまうと思っていたのですが、それは逆なのです。

血流が滞ってしまい、その部分だけ赤くなるのです。

そこで、ビタミンkを直接肌に与えると良いです。

血流が改善され、肌の毛細血管と静脈の組織を強くしてくれます。

細かい血栓を取り除いてくれますし、更に嬉しい事に目の下のクマも目立たなくなります。

保湿効果もあるので潤いを持続させてくれます。

マッサージしながらケアしてあげましょう。

ドラッグストアや化粧品なども取り扱っておりますので相談してみましょう。

ですが、症状が改善されない場合は皮膚科を受診されても良いかと思います。

あと、赤ら顔の原因は自律神経、交感神経が緊張してしまい、うまく調節できないことでもおこります。

寒い所から暑い部屋へ行くと急な温度差でなったりもします。

赤ら顔は冬場に多いですよね。

寒い外からお店に入った時などもなりやすいですよね。

あとは、スキンケアの見直しをしてみて下さい。

洗顔はゴシゴシゴシ洗わず優しく洗ってみて下さい。

洗顔料も無添加で弱酸性の洗顔料や石鹸が良いでしょう。

洗顔後は柔らかい清潔なタオルで肌に刺激を与えないように、絶対こすらないで下さい。

刺激と摩擦をやめるだけでも赤ら顔は改善していくと思います。

洗顔後はしっかりと保湿しましょうね。

身体の内側からの改善も良いと思います。

乳酸菌のLFK入りサプリカルグルト」を飲むのも効果的です。

赤ら顔や肌荒れ、ニキビケアにもよいと口コミ評価も高いからです。

腸内環境を整えてくれるのもメリットです。

一度試してみても良いかとおもいます。

あとは、睡眠時間をきちんと確保しましょう。

バランスの良い食事

軽い運動を心がける、そういった生活習慣を改善していくと自律神経も整ってきます。

生活習慣を見直すだけでもかなり改善出来ると思います。

あとは、赤ら顔をカバーしてくれるベースメイクをきちんとする事で隠すこともできますので試してみて下さいね。

◆それでもなかなか、赤ら顔が改善しないときは、浸透型セラミド入りのuluシェイクモイストミルク(ウルウ)を使うのも効果的です。

オールインワンミルクなので、洗顔後にウルウ1本でいいのもお肌への負担を軽くしてくれます。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

Hs