白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の全成分と有効成分は何?

顔が赤くなる酒さを治すためには、主な原因となっている毛細血管の広がりを元に戻していかなければいけません。

そこで酒さに特化した白漢しろ彩という化粧水を敏感肌の方や皮ふがもともと薄い方におすすめしています。

無添加物にこだわり誰でも安心して使えるよう作られているのですが、具体的にどういった中身なのか気になりますよね。

本当に効果がある成分がしっかりと入っているのかみていきましょう。

-白漢しろ彩の全成分を公開-

化粧品の成分表示名は、どの商品でも”共通の名称リスト”を用いて表示することが定められています。

そうすることで使う人がアレルギーなどの対策ができるようになり、商品を安心して選ぶことができますよね。

まずは白漢しろ彩の全成分を載せるので、自分にとって弱い成分が入っていないかをよく確認してみてください。

【成分一覧】
水、BG、グリセリン、ベタイン、DPG、1,2-ヘキサンジオール、プランクトンエキス、アルギニン、クエン酸Na、
シクロヘキサシロキサン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、ステアリン酸グリセリル(SE)、
オクタカプリル酸ポリグリセリル-6、リン酸アスコルビルMg、PEG-60水添ヒマシ油、プラセンタエキス、
グリコシルトレハロース、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ステアリルアルコール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、
PPG-6デシルテトラデセス-30、加水分解水添デンプン、ベヘン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、
クエン酸、メタリン酸Na、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、ポリ-ε-リシン、
シクロペンタシロキサン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、センキュウエキス、ショウガ根茎エキス、セラミドNG、カンゾウ葉エキス、
セラミドNP、ブクリョウエキス

こうして一覧でみてみると分かりやすいですが、アルコールやパラベン、香料や着色料もフリーです。

肌につけたときの刺激が少ないことを成分から知ることができ敏感肌、アトピーの方でも使えるということをしっかりと裏づけしていますね。

-より効果的な成分とは-

白漢しろ彩には4つの和漢植物エキスが入っていて、古くから親しまれている自然のパワーが酒さを優しくケアしてくれます。

1. ショウガ根茎エキス

血行促進と皮ふ活性化作用があります。また抗酸化作用と保湿効果もあり健康的で明るい肌に近づきます。

2. 甘草(カンゾウ)

肌のバリア機能の高め、肌の表面にあるセラミドの合成を助けます。水分を蓄えて保湿し外からの刺激から肌を守ってくれますよ。

3. 茯苓(ブクリョウ)

むくみの解消に効果があり、肌トラブルの改善をサポートします。美肌にもってこいの成分です。

4. 川芎(センキュウ)

肌の炎症を内側から抑えてくれます。血行を促進し、体温を高めて免疫力を底上げします。

このように昔から愛用されてきた和漢植物Nのエキスを取り入れて、肌の状態を元から改善していく手助けをします。

そしてさらに美白効果のあるビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg)や保湿をするセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンも入っています。

総合的に肌の質を上げて、酒さの症状を治していく化粧水に仕上がっていますね。

使い続けることで張りがでて手触りも滑らかになり、健康的で血色の良い方向へ改善していくことが期待できます。
酒さに良い白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の成分は何?

このように成分を調べていくとその商品のこだわりや強みが分かってきます。

全ての名称や働きを知らなくても、大切な部分だけかい摘んでおくと選ぶ基準のひとつにもなり、自分を守ることにも繋がります。

興味が出てきた方は、普段使っている愛用品の成分表示を見てみてもいいかもしれませんね。

公式サイト↓


u