白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とみんなの肌潤ろーしょんの違い比較と選び方

多くの女性が毎日しっかりとベースメイクをしていると思いますが、ベースメイクをしてもなかなか隠せないのが肌の赤みですよね。

赤ら顔を調整できるコントロールカラーのようなものも販売されていますが、私自身コントロールカラーを使ってみたところ、逆にかなり顔色が悪く見えてしまい焦りました。

ブルーやパープルといったコントロールカラーは赤みを抑えて透明感を出してくれる効果が期待できますが、イエローベースの顔の人がこのようなコントロールカラーを使ってしまうと赤みは消せても顔全体の印象は悪くなるためオススメできません。

できることなら赤ら顔を根本から改善したい!

そんな女性のために開発されたのが、白漢しろ彩です。

白漢しろ彩は、人気雑誌の化粧品部門で1位に輝いたことがあり、購入したいと考えている人は90%以上に登ると言われています。

赤みがひどすぎてなかなかメイクで隠せない方や、ニキビの跡の炎症が残ってしまっている方にも大変好評なスキンケアアイテムとなっています。

では、肌のバリア機能高める化粧水として高い注目を集めているみんなの肌潤ろーしょんとは、一体どのように違うのでしょうか。

みんなの肌潤ろーしょんと白漢しろ彩との違いについても着目していきたいと思います。

まず、白漢しろ彩は毛細血管の拡張による赤ら顔を改善するために毛細血管にアプローチする化粧水として開発されています。

配合されている成分を見てみると、主成分として配合されているのはフランス地中海から抽出した美容成分海洋性エキスです。
広がった血管へしっかりとアプローチしてくれるため、実際に28日間使ってみた被験者が86パーセント赤みの軽減に成功しています。

そして、赤みのある肌には刺激を与えないのも大切です。

そのため、敏感肌の方を対象に皮膚科医が厳しく評価し93パーセントもの高い評価で肌荒れや刺激が見られないと認定されています。
酒さに良い白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の成分は何?

続いてみんなの肌潤ろーしょんですが、みんなの肌潤ろーしょんの大きな特徴は他のスキンケアアイテムには配合されていないお砂糖を主成分に取り入れながら肌に優しい植物性のこんにゃくセラミドを配合しているところです。

肌のバリア機能が低下してしまう大きな原因の1つはセラミド不足です。

年齢を重ねることによりセラミドは低下していきますが、セラミドが低下してしまうと私たちの肌はバリア機能が失われていきます。

バリア機能が失われていくと肌トラブルを頻繁に引き起こすようになるため、失われたセラミドを肌にやさしく取り入れることができるのが、みんなの肌潤ろーしょんです。
みんなの肌潤ろーしょんの口コミ評価!アトピー肌も安心保湿
2つの商品は比較してみると配合されている成分が大きく違いますね。

肌のバリア機能を高めると言う意味では2つとも効果があると思いますが、配合されている成分を重点的に比較してみると自分の求めている化粧品が選べると思います。

どちらもオススメ度が高い商品になっているので、ぜひ試してみてくださいね!

白漢 しろ彩公式サイト↓


みんなの肌潤ろーしょん公式サイト↓
みんなの肌潤ろーしょん

uG