冬でも顔がすぐに暑くなる!暑くならない方法を教えて

夏でもないのに、顔がほてって真っ赤になってしまい悩んでいませんか?

この時期、寒くて乾燥してる中で顔だけが暑くてほてってしまうという方、多く見られます。

今日はそんな赤ら顔を改善する方法をご紹介したいと思います。

なぜ顔が赤くなるのか

メイクをしてもその赤ら顔が消えず、恥ずかしい思いをしたという方、いると思います。

なぜ、顔が真っ赤になるのか…人の身体は体温が上がりすぎないように、汗をかいたりして、一定の体温を保っているのです。

顔も同じように、一定の体温を保とうとして熱を体外に逃がし血管を拡張して血液量が増加させています。

血管が集中する頬などは血液量が増加すると、顔が赤く変色します。

人によって、血管の拡張の出やすい人と出にくい人がいますが、血管の拡張によって顔の赤みの出やすい人は色白の方が多いと言われています。

では、なぜ異常なほど、血管の拡張が出てしまうのでしょうか。

実は、顔の赤みが出る方の多くが「冷え症」に悩まされているということです。

冷え症によって身体全体にうまく血管が廻らなくなり、下半身うまく廻らないで、頭部ばかりに血液がめぐってしまっているのです。

冷え症を改善するには、下半身にうまく血液の流れを与えて行く事にあります。

冷え症が改善されても、皮膚のバリア機能が衰えていることで血管が拡張することがあります。

敏感肌であったり、乾燥肌の方は、ちょっとした刺激により毛細血管が拡張するのです。

肌のバリア機能が正常でないと、肌トラブルを抱えやすくなり健康な肌の方よりも毛細血管が拡張し、それがくっきりと見えてしまうのです。

肌トラブルを改善するには、肌のバリア機能を正常に戻す事が大切です。

ー赤ら顔の改善法ー

冷え症が原因で赤ら顔になっている場合は、内側から身体を温める必要があります。

すぐに改善するわけではないので、毎日の食生活を見直したり、運動不足であれば通勤通学などで歩く時間を多く取るなどの工夫が必要です。

からだを温める食材として、「生姜」は有名ですよね。

暖かい紅茶に生姜を入れて飲むのは以前流行って筆者もやっていました。

また、運動不足という方は、帰宅時に最寄りの駅より手前の駅で下車して徒歩で帰宅するのも方法の1つです。

長く歩く事によって身体がポカポカと温まり、自律神経を整えたり脂肪が燃焼して行くのがわかります。

寝る前にぬるめのお風呂に浸かった後、快眠することができます。

翌朝は、熱めのお風呂に浸かるなどするとより効果が出てきます。

ー赤ら顔にはやっぱりウルウー

日々の生活習慣の改善ももちろん大事ですが、肌のバリア機能の低下が原因であればやはり毎日のスキンケアは欠かせません。

冷え症を改善しても、なかなか赤ら顔が治らなかったり、適度な運動をしても血流が変わらなかったり、色々お手入れ法を変えてみても改善されずに悩んでいませんか?

乾燥肌や敏感肌でも安心して使える完全無添加3種類のセラミドを配合した「ウルウ(ULU)」ならそんな悩みを解決しちゃいます。

保湿の効果も高いので、低下したバリア機能も正常に戻し、肌の刺激から守ってくれるので安心して使えます。

1本5役のオールインワン化粧水なのでお手入れも楽々で、男性にも人気です。

WEB限定お試しコースなら格安になって、送料無料とお得です。

毎日続ける事が効果的ですよね。

また、いつでも解約やキャンセルが可能なので、様子を見ながら使用して行くこともできます。

顔がすぐに暑くなって赤いと言うあなた、一度ウルウ(ULU)を試してみませんか?

ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

us