冬寒くなると顔が赤くなってもどらない!原因と対策を教えて!

寒い冬になると、顔が赤くなって恥ずかしい思いをしたことがありませんか?

なぜ、寒い冬になると、顔が赤くなる現象が起こるのでしょうか?

実は、筆者も何年も前にこの現象が起きて、苦労をしました。

今回は冬に顔が赤くなる原因とその対策を追ってみましょう。



室内と外の温度差

寒い外から暖かい室内に入ると、頬が赤くなるケースが多いようです。

その原因は、寒い場所にいると血管が収縮し、暖かい場所に入ると血管が拡張するのです。

外気の温度変化によって血管が収縮したり拡張したり、皮膚の温度を調節しているのですが、外と室内の寒暖の差が激しいと、血管は急激に拡張します。

急激な温度の変化があると、皮膚体温を下げないために毛細血管が拡張し、血液がたくさん流れます。

これが顔を赤くする原因です。

肌が傷つき、皮膚が薄くなっていると、顔の赤みは強く出ます。

また、この時期に気をつけたいのは、肌の乾燥です。

肌が乾燥していると寒さが刺激して、余計に赤みが目立つようになります。

皮膚の炎症

脂性肌の方に起こりやすい、炎症やニキビも赤みを引き起こす原因です。

ニキビは毛孔からの大量の皮脂と排泄によって脂漏性皮膚炎を引き起こします。

これが、炎症となりニキビになります。

ニキビの炎症によって外気から刺激され、顔が赤くなります。

辛い食べ物は血管を拡張する

唐辛子を使った鍋料理など、冬の定番で食べると体がポカポカと温まります。

しかし、香辛料の効いた食べ物は血管を拡張させやすいので注意が必要です。

頻繁に食べることは控えたほうがいいかもしれません。

普段の食生活を見直してみましょう。

対策・冬のスキンケアをしっかりと

寒くなってくると、外気も乾燥してきます。

乾燥してくると当然大切なのは、保湿をすることです。

保湿クリームを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

保湿性の高い化粧水をこまめに顔にスプレーをするというのも方法の1つです。

また、顔は体の中で一番肌を露出している部分です。

冬でも、紫外線を受けています。

冬でも、日焼け止めを塗るようにしましょう。

洗顔方法にも注意が必要です。

スクラブ洗顔は保湿成分が失われる原因にもなりますので控えるようにしましょう。

タオルで顔を強くこすったりするのも皮膚を傷つけてしまうのでやめましょう。

保湿を十分に行い、その後は出来るだけ肌に触れない事です。

まとめ

いかがでしたか?

これから本格的に寒く乾燥した日々が続きます。

顔がすぐ赤くなってしまうという方、この機会に普段行っている顔のスキンケアをみなおしてみてはいかがでしょうか?

外と室内の寒暖の差に気をつけて肌ケアを十分に行い、顔の赤みからさよなら出来る冬を過ごしてみてくださいね。

◆いろいろ注意してるのに、なかなか赤ら顔が戻らないと悩むときは、口コミで人気のウルウ(ULU)を塗ってみてください。
ウルウの口コミと赤ら顔ケアは本当?

浸透セラミドが豊富で保湿ケアもできて赤ら顔ケアになる!と評価が高いからです。

詳しくは↓

us