アトピーでほてる!顔が赤くなるのを予防するコツは?

アトピーのせいで顔が赤くなる。

あなたはこんな悩みありませんか?

私は小さい頃からアトピー性皮膚炎を持っていて、顔も含む全身に症状が現れます。

体の場合は服を着てしまえば隠すことができますが、顔に症状が出てしまうとなかなかメイクでも隠すことができず、ついつい他人の目が気になってしまいます。

そして、アトピー性皮膚炎の症状が出ていないときでも顔が赤くなりやすい状態になってしまいました。

顔は体と比較すると皮膚が薄いため、毛細血管の拡張により赤みが出やすい場所です。

私は昔から症状がひどいときにはステロイドで治療を行ってきたため、顔にも体よりは弱いステロイドを長期間続けてきました。

しかし、ステロイドは高い効果を発揮する反面大きなリスクがあります。

そのリスクの1つが毛細血管の拡張です。

ステロイドを長く使っていたせいで顔に赤みが出てしまう。
これは、アトピー性皮膚炎の症状が顔に出てしまってステロイドを使っていた人にはとても多く見られる症状です。

一般的に顔が赤くなってしまう人はアトピー性皮膚炎でなくても赤ら顔と言われており、毛細血管の拡張が大きく関係しているといわれています。

では、この赤ら顔を少しでも予防するためには一体何をすれば良いのでしょうか。

生活習慣の見直し
バランスの整った食生活
正しいスキンケア

一般的にはこのような日常生活で改善していくのが大切だと言われています。

しかし、日々の積み重ねで効果が出るものであり、今すぐに劇的に改善効果を得られるものではないので、今すぐどうにかしたい人にとっては悩みは消えないですよね。

そこで私が着目したのは、赤ら顔に高い効果を発揮すると言われている乳酸菌抽出物LFKが配合されたカルグルトです。

カルグルトは、腸内環境をしっかりと見直してくれる日本人と相性の良いスーパー乳酸菌が5種類も含まれている健康補助食品となっています。

一般的に販売されているヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は1種類になっており、腸の一部にしか届かないものが多いのですが、カルグルトは5種類の乳酸菌を組み合わせて作られているため、小腸、大腸、十二指腸全てにおいて高い効果を発揮してくれます。

今まで赤ら顔の治療法として抗生物質の投与やレーザー治療などが取り入れられてきましたが、最近では乳酸菌抽出物LFKが毛細血管の拡張などに対して高い効果を発揮してくれることがわかっています。

また、腸内環境が改善されることにより肌状態が良くなるため、アトピー性皮膚炎の症状でお悩みの方にも高い効果を発揮してくれるので一石二鳥です。

私たちは肌の疾患があるとついつい肌表面を治療しようと思いますが、体の内側からしっかりと改善することにより肌表面も美しく生まれ変わることができます。

カルグルトの口コミ評価も高いですね。

アトピー性皮膚炎がもとで顔が赤くなってしまうと言う方は是非!カルグルトを毎日の生活に取り入れてみてください。

us