赤ら顔(酒さ)の原因と改善方法!サプリを飲むと良いのは本当?

女性を悩まさせる赤ら顔。
akaikao

赤ら顔は、「酒さ」とも言われている皮膚疾患です。

お酒を飲んだ時に赤くなる症状と似ていることからもネーミングされており、実際に飲酒が原因で起きることもあると言われている改善が難しい病気です。

ウィキペディアを見ても、酒さの原因は、「飲酒」「ビタミンBの欠乏」「外気との寒暖差」などと書かれていますが、今日はもっとわかりやすくこの症状についてご紹介して行きたいと思います。

赤ら顔(酒さ)の原因と改善方法(食事や生活習慣)

まず、酒さという皮膚疾患を引き起こす直接的な要因は完全には解明されていません。

先ほど挙げた原因というのは、解明されていない中で予想されている幾つかの要因ですが、実際にはあまり関係ないのでは?という見方もあり、何が一番大きな原因となるのかはわかっていません。

ですが、解明されていない中でも、酒さの原因になりかねないと言われているのが、精神的な影響(自律神経の乱れ)や、紫外線が起こす肌ダメージ。

そして、欧米化した乱れた食生活とも言われています。

私たちは、日頃から栄養を食事で摂取します。

体内に取り込まれた食品は、血となり肉となり、私たちの体を作り上げていきます。

日本人には、和食という素晴らしい文化があったので、他の国と比較しても病気が少なく、平均寿命も長いという素晴らしい特徴がありましたが、欧米化した食生活が身近となり、大きな体に悪い変化をもたらすようになりました。

脂質の多い食事や、添加物がたくさん入った加工食品。

そして、バランスが欠けた食生活を続けているうちに、腸内環境を悪化して肌の状態も悪くしてしまっています。

これが、酒さを引き起こす大きな要因でもあることは間違いないでしょう。

改善するためには、まずは乱れた生活習慣を改めて、ビタミン・ミネラルなどのバランスを整えた食生活を心がけて下さい。

睡眠時間ももちろん大切ですし、体が喜ぶ食品を豊富に取り入れることで、体の中から肌状態も改善されていきます。

赤ら顔(酒さ)が乳酸菌サプリでケアできるのは本当?

生活習慣を改善しようと考えたときに、まず何からすればよいのかわからない方も多いと思います。

そんな場合は、乳酸菌を取り入れる工夫から始めてみて下さい。

私たちの体には、小腸・大腸・十二指腸という3種類の腸が存在しており、これらすべての腸内環境を整えて初めて体の調子も改善されることが判明しています。

ですが、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む乳製品では、1〜2種類の乳酸菌しか生きた状態で腸内へ届けることができないので、すべての腸内環境を整えるのは困難です。

そこで、乳酸菌サプリメントが大いに役立ちます。

実際に、酒さで悩んでいる女性が積極的に数多くの乳酸菌を摂取したところ、肌状態がよくなったというケースもありますので、酒さと乳酸菌には関連性があるという見方が広がっています。

赤ら顔対策サプリのULUインナーモイストサプリメントの効果と理由

酒さ(赤ら顔)の改善に私がオススメしたいのが「ULUインナーモイストサプリメント(サプリのウルウ)」です。

ULUインナーモイストサプリメントは、アスパラガスがメインの安心して飲めるサプリです。

北海道産のアスパラガスを独自の製法で抽出したエキスで、巡りをよくすることで赤ら顔対策になります。

プラセンタ、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB 6の9種類の成分も含むので、肌荒れケアなどにも期待できます。

また、サプリのウルウ(ULUインナーモイストサプリメント)は持ち歩きにも便利な粒タイプとなっています。

コストパフォーマンスに大変優れているのも大きな特徴です。

ULUインナーモイストサプリメント(サプリのウルウ)について、もっと詳しくはこちらをどうぞ。
サプリのウルウ(ULUインナーモイストサプリメント)の口コミ評価レビュー!他の赤ら顔ケアサプリとの違いは何?